乾燥肌に合う化粧品を使用して、肌に水分を与えよう

習慣を見直す

体の中でも乾燥肌になりやすい部位となりにくい部位があります。 皮脂腺の少ない部位はやはり乾燥肌になりやすく、肌がかさついたりごわごわになったりしてしまいます。 ひじやひざ、かかとなどは乾燥しやすい部位になり、すぐに肌がかさかさになってしまいます。 肌が乾燥するとそれを守ろうとして角質が厚くなってしまうので、黒ずみになってしまう事も多いのです。 肌を出す季節の前には、乾燥による黒ずみ対策を行なうのがおすすめです。 最近はボディ用の化粧品もたくさん出ているので、それらを使用してケアしてあげるのが重要です。 顔のケアと同じようにしっかりと保湿してあげることで、水分が保たれるようになり、乾燥を和らげることができます。 また、定期的に角質ケアできる化粧品を使用するとより効果的です。

乾燥肌は生まれつきの場合もありますが、生活習慣やスキンケアの方法など、自ら生み出している場合もあります。 その多くが洗顔で、洗顔はメイクや汚れを落として清潔で健やかな肌になるのが目的ですが、肌に合っていない洗顔料を使ったり、洗い方が肌に負担になる場合があります。 肌に必要な皮脂や潤い物質まで洗い流す事になるので、乾燥肌がなかなか改善しない場合には、まずは洗顔を見直してみるのが良いでしょう。 また、洗顔後のスキンケアも重要です。 化粧水でしっかりと水分を補ってあげて、乳液やクリームで油分を与えてあげる必要があります。 洗顔してから化粧品を付けるまでに時間が空いてしまうと、水分がどんどん蒸発して行ってしまい、乾燥が進んでしまいます。 また、化粧品の油分でふたをするのを省略してしまうと、同様に水分が蒸発して乾燥がひどくなってしまうので注意が必要です。